ゆとりの「頑張りたくない」

ゆとり教育《負の遺産》、平成7年生まれの完全ゆとりがゆるゆると更新します。勉強とか、アイドルとか。

頑張らない程度に「ゆとりとハングルを学ぼう」#0

 

 

こんばんは、K-POP沼に完全にハマったゆとりです。

本来やらなければならない勉強をどこかに放り投げたまま、何を言っているかも分からない過去のV LIVEを見漁ってはニヤニヤしてます。

 

K-POP沼に足を取られて分かったこと、それは…

 

推しが何を言っているのか全く分からない

(超絶焦れったい)

 

長年情報砂漠J事務所所属タレントのファンとして生きてきた身としては、活動中のKポドルの情報量は半端ないんすよ。

だって、メンバーそれぞれにInstagramのアカウントがあるんだよ?グループ公式も週1は何かしら投稿してくれるんだよ??え、V LIVEのこの頻度と充実度なに?これ無料??え、お金払わせてよ…ん?放送内で使えるバーチャルペンラが¥2,000を下るとな??買うでしょ!!(指紋で課金)

 

そんな大量の情報に立ちはだかるのは、そう

言語の壁

実は高校時代に欧州サッカー(主にドイツのブンデスリーガ)にハマって、そのときも言語の壁にぶち当たったことはあった。けど、欧州って大体英語対応してるのよ。やっぱり色んな国の選手が集まるからチームの公用語が英語だったりするわけ。なので、SNSの情報も母国語とほぼ同時くらいに英語で開示される。

英語なら分からない単語があろうとも、文法は大体分かるから調べることができるし、解説だって選手のコメントだって訛りがキツかろうが字幕があったらなんとなく内容は分かる。そんなこんなで当時のヲタ活には言語の壁はそこまで支障はなかったんだけれども…

 

いや、韓国語マジ分からん

 

そもそも日本人からすると、ハングル文字って初見は暗号じゃん?

なんならアラビア文字と対峙したときと感覚はそんなに変わらないじゃん?

突然「안년♡」とかきても、ええなにそれ何なの何のハートなの???ってパニック値MAXになっていくだけなのよ。

 

だから、とりあえずハングルは打って読めるようにしようと思った。

 

とりあえず、意味は分からなくともハングルが打てるようにさえなれば

翻訳機に原文ぶちこむことはできる

→なんとなくの意味は分かる

→ヲタ活がそれなりに成立する

という流れを期待したわけ。

 

 

ええ、でもそんな上手くいくわけなかったわ。

 

韓国のドル活にはペンカフェなる日本でいうファンクラブというか、登録制の掲示板的なものがあって、これに登録することが不可欠。

たとえ、韓国でのイベントやコンサートに行くまでに至ってないとしても、ペンカフェには非公開の情報が開示されることが多くあって(タレント本人が書き込んだりもする)、しかもその内容は原則は外部に漏らしてはいけない(こともある)らしい。

 

そして、ペンカフェに登録するためにはハングルしかないサイトに2つほど会員登録しなくちゃいけないとかなんとか…

 

いや、みんな分かると思うけどハングル読めるだけじゃダメだよね。

ある程度のハングル理解力が求められているよね。

 

いやはや 

ペン(韓国でいうファン)活、

茨の道かよ

 

そんなこんなでヲタ活のためにハングルの勉強を開始することにしました。

 

(そしてペンカフェという存在とはなんだと調べている内に推しのペンカフェ正会員募集が締め切られました…無念…次こそは必ず……)

 

さぁ、ハングルを学ぼう

 

私の現在ハングルレベルは、「ハングルの構造自体は理解できる」という初歩の初歩。

 

だとすると、今度は基本的な文法を理解しなければ思い、選んだ教材はコレ

 

ゼロからしっかり学べる!韓国語 文法トレーニング

ゼロからしっかり学べる!韓国語 文法トレーニング

 

 

 教材は色んな人のブログでオススメみてみたり、Amazonレビューを読み漁ったりして購入しました。

 

やっぱり言語の学び始めで重要なのは、「導入を間違えない」ことだと思うので下手にゴロ合わせとか特殊な方法で学ぶものじゃなくて、理論的で簡潔な教材がいいと思い、かつ、私の場合「読み・書き」がメインなので、日常会話とかじゃなく文法の基礎の基礎を学べる教材を…ってことで選んだもの。

 

これからの「ゆとりとハングルを学ぼう」の更新は、この教材で学んだことの復習と、あとは推しのSNS投稿の翻訳チャレンジが主な内容になると思います。

正直いつまで続くか(いつ飽きるのか)分からないけど、気が向いたら記事をチラ見してくれ!

 

じゃあの!!