ゆとりの「頑張りたくない」

推しと酒には酔って然るべし

頑張らない程度に「今回の事件、NGT運営は悪手を打ちすぎている件」について書いてみる

 

どうも、ゆとりです。

今日は1/9にNGT48チームGのメンバーである山口真帆さんの告発で発覚した、昨年12/11に発生した山口さんに対する暴行事件と、告発後の運営の対応について考えたいと思います。

 

衝撃の告発

1/9の夕方、トレンドに上がっていた山口さんの告発文を見て、衝撃が走りました。

生々しい暴行事件の様子、メンバーの関与、そして運営が対応しないという事実…彼女はどれほどの覚悟をもってこの告発をしたんだろう、この1ヶ月間どれほど苦しかっただろう、今もどれほどの恐怖だろう…

前日に強制中断された配信での彼女の様子から、本当に胸が締め付けられるようでした。

告発の内容は全てが衝撃でしたが、その中でも衝撃だったのがその暴行事件に「メンバーが関与していた」こと。

もちろん、ファンだからといって、女の園であるアイドルグループで、メンバー全員が仲良しこよしだなんてありえないと思っています。いじめや派閥など…色々あることくらい分かっています。

でも、まさかメンバーを襲う「犯罪行為」にメンバーが加担しているなんて思わないじゃないですか。

 

ぶっちゃけ、NGT48には「総選挙での異常な強さ」「おぎゆか」「かとみな」「ゆきりん」くらいの印象しかなかったんですけど…NGT48を箱推しされていた方の現在の心境は……めっちゃ辛いだろうな。

 

運営の悪手①:山口さんとの約束を破る

今回の運営の対応はまさに最悪、どんどん悪い手を打っていると思いますが、1番の悪手は山口さんとの約束を守らなかったことだと思います。

正直、アイドルは「楽しい」「かわいい」「なかよし」のイメージがあってこそ成立する商売なので、今回のような事件があってとしても、全てを公にすることは1番良い手だとは思いません。

山口さん本人も仰っていた通り、今回の事件、表向きは一般女性が被害にあった事件として処理し、関与していたメンバーはいつものように「重大な契約違反」といった体面をとって活動辞退させるべきでした。

山口さんもそれが分かっていたからこそ、運営と約束したのだと思います。

*なぜ暴行事件が不起訴処分になったのか(そもそも本当に不起訴処分なのか)は、明らかになっていないので触れません。

 にもかかわらず、運営は約束を破りました。

そもそも襲われたということは、該当メンバーと諍いが現在進行形で発生しているということ。そんなの安心して生活できるわけないじゃないですか。何事もなかったなんてできるわけないじゃないですか。

メンバーも信じられない。周りの大人も信じられない。山口さんの怒り、不安、そして告発は、彼女の身を守るためのたった1つの方法だったのだと思います。

 

どう考えても、山口さんとの約束を守り、ひっそりと事件を集結させることが1番の方法だったのに…その約束を破ったのが運営の1番の悪手だったと思います。

 

運営の悪手②:早急な対応をとらない

3周年公演が間近だったからなのか、本当に山口さんとの約束は口約束でな〜んにも考えていなかったのか。告発からの運営の対応はあまりに遅かった。

ぶっちゃけ、事件発覚後、タレントを1番に表舞台に立たせるのってどうよ…本当に何にも考えてなかったんだろうなぁ…(強制終了させたSHOWROOM配信から告発までは一晩あったのにね)

その間に憶測で関与したメンバーが特定されていく始末……これ間違ってたらその子のアイドル人生終了しますけど、それでいいんですかねぇ??

 

運営の悪手③:本人に謝罪させる&意味不明な文書

世間の非難を1番集めたのは間違いなく本人に謝罪させたことでしょう。

 そもそも彼女を「周りのお世話になった方にご迷惑をおかけした」というマインドにさせてることが間違っていると思いませんか?

どう考えても周りの大人が『どうするんだ、お前のせいで大変なことになってるぞ』なんて態度をとったり、他のメンバーに腫れ物扱いされているからですよね?そもそも運営が初期対応を間違ったからなのに、ひどい責任転嫁ですね。

 

そして、極め付けは公演後やっと発表された運営の発表。

伝説の防犯ベル配布

え?家特定されて、オートロックの中にまで入られているのに防犯ベルだと??

今後の対応として真っ先に行うべきなのは、

寮に住んでいるメンバーをホテルに一時避難

今のマンションを解約

新規住居の確保&セキュリティ強化

ですよね?

もう住所もバレてファンが自由に出入りしているのに、防犯ベルだけなんてありえないですよね。

 

内容が、怪文書として記憶に新しい某J事務所の文書並みに不可解ですね。

f:id:yutori7:20190113000713j:plain

(参考)某J事務所謝罪文

ちなみに、某J事務所は、この後弁護士が作成したであろうきちんとした文書を出しています。

さすがにこれが最後の対応はないと思いますが、どうでしょうか。

 

最後に

今回山口さんは必死に抵抗して暴行だけですんだ(それでも十分に酷い行為ですが)ものの、仮に強姦などの被害にあっていたら、それこそ彼女のタレント人生のためにも、事件は表に出てこなかったと思います。

このような危険と隣合わせなアイドルだからこそ、運営だけには彼女たちの信じられる大人であって欲しかったと強く思います。今後必ず改善されることを願いばかりです。

 

また、現在ネット上では犯人を特定(住所&顔写真まで公開)する動きが激化しています。正直なところ、本当に今犯人とされている人達が犯人であったとしても、今流れは“私刑”としてお祭り騒ぎしているようにしか思えません。

現在憶測で広がっている仮説で影響を受ける一般人&タレントがもし無実であった場合、誰もその人のケアをしてあげることは出来ないのに…無責任な反応だと思います。

私が現時点で信じてもよいと思える情報は、当事者である山口さんが語った情報だけです。

同じアイドルファンとして、タレントの絶対的味方であるべき運営の今回の対応を怒る気持ちは私も同じです。同じですが、どうか自分が加害者にならないよう冷静な心をもってください。

 

以上、ゆとりでした。