ゆとりの「頑張りたくない」

ゆとり教育《負の遺産》、平成7年生まれの完全ゆとりがゆるゆると更新します。勉強とか、アイドルとか。

頑張らない程度に「2018ヲタ活動まとめ」について書いてみる

 

どうも、ゆとりです。

気がつけば今日は12/31、おまけにもう日が暮れようとしております。

毎年年越しは実家でゆるゆる過ごし、メインテレビは嵐司会の紅白が絶対。そのままジャニーズカウコンに突入し、2:00くらいに就寝するのがお決まりでしたが…今年は実家に帰らず 、なのにカウコンに参加することもなく、東京で寂しく年を越す予定です。

 

嘘です。

 

同じく実家に帰らない美女先輩(剛ヲタ歴2桁)と、楽しくピザパーチーするので微塵も寂しくありません。ガキ使観ながらピザ食べるんで!!寂しくないので!!!

 

 

そんなこんなで周りの愉快な仲間たち(失礼)と楽しく過ごした2018、ヲタ活動も「こんなこと出来るのは今年までだぞ」と目の前の課題に言い訳をしながら、ここぞとばかりに楽しんだ1年でした。

 

ジャニヲタたるもの当落はヲタ活動の1つ!ということで、当落日まで含めた今年のヲタ活動をご覧ください。

 

 

 

  1. 4/11 KinKi Kidsのファンクラブに入会

    KinKi Kids自体はもう2年くらい前から気になる存在ではありました。しかし、イマイチFC入会まで踏み込めなかった…。なぜなら、KinKi KidsのFCに入会するということは10年以上黄色い声援をあげてきた嵐から浮気するということ、そんなこと私にはできない(その10年の間にSexyZoneを少年倶楽部で観覧するため情報局に入っていた)という葛藤や、嵐の「あまりに当たらないコンサート」「届かない会報」「忙しい大学生活で追いきれない露出」というヲタ活動に疲れていたから。

    それでも入ろうと決意したのは、《いつまでもあると思うな推しと金》という言葉。金はともかく、推しの存在は自分の力ではどうすることもできないもんな。昨年の剛さんの突発性難聴発症があって、剛さんの口から不安な心情を聞いて、正直剛さんはこのまま表舞台からいなくなってしまうのでは不安になったことがありました。
    現在話題になっている映画「ボヘミアン・ラプソティ」のフレディ・マーキュリーなどもそうですが、本人が表舞台からいなくなってからではもう遅いのです。現在私が生きていることと、推しが活動している時間が重なっていることは奇跡!!!うん、入るっきゃないな!!!!

    そんなこんなでENDRECHERI(堂本剛のソロプロジェクトでの名義)のコンサートが発表されてすぐ、4/10(剛の誕生日)にネットで入会申込をしたのでした。

  2. 4/20 ENDRICHERI当選

    ENDRECHERIのために入会した FC、私には何故か「当選」するという確固たる自信がありました。そして、当選。リアルに小躍りしましたよね。

  3. 5/11 ナイツテイル落選

    梅田・帝国劇場それぞれ可能な枚数2枚ずつ申し込み(5/1〆切)、見事に落選。ただ、前述のライブ当選があったのでそこまで落ち込みませんでした。
    今思うと、2枚とろうとしたのが間違いだったのかも。SHOCKとは違って外部の舞台ですし、大人気舞台俳優井上芳雄さんのFC枠もあるだろうし。

  4. 5/18 嵐のワクワク学校落選

    もはや毎年落選、1度も当たったことがないので当たった方が驚くと思うほど。
    複数申し込みとかすればいいんだろうけど、外れすぎてそのやる気すら残っていない。

  5. 5/21 ENDRECHERI・Zepp Diver City初日公演

    人生初のライブハウス、人生初の立見(いつもコンサート中はたってるけどw)、人生初のファンキーでグルービーな空間は最高だった。終幕に近づくごとに「終わるな〜〜」「また来たい〜〜〜〜」と強く思うライブだった。だから、最後に剛くんがさらっと追加公演をフライング発表したときは「行きたい〜〜〜!!!!」と思った。

  6. 6/24 ENDRECHERI・追加公演落選

    まぁ外れたんですけどね。

  7. 某日 とある番協参加

    ひさしぶりの番協参加。番協で当たるときは何故か引きが強く、今回も最前列。心臓がバクバクで死んじゃうかと思いました。フォロワー1000人超えの方に出会えたり、色んな初体験があった日でした。

  8. 7/31 堂本剛平安神宮公演初日公演

    憧れだった平安神宮公演。昨年の悔しい中止を乗り越えての初日。開演1時間前の落雷にみんなカッパを着て完全装備だったけど、結局雨は降りませんでした。「空が泣くから」では泣いたなぁ。みんな泣いてたなぁ。
    思い返すと、コンサートの初日に参加したのは初めてかもしれない。誰もセットリストを知らないという空気も新鮮でした。
    でも、席が圧倒的右後ろで全然舞台は見えませんでした。そこまでの旅費や滞在費などを考えたら、正直しばらく平安は行かないかもなぁと思った。

  9. 10/3 堂本剛小喜利落選(一般も惨敗)

    京都と浅草。わかっていた、京都の方が当たりやすいのは。でも、無理じゃーん。平日に今日は無理じゃーん。ということで浅草1本勝負で惨敗。一般販売(プレイガイド)に人生初チャレンジするも、見事に完敗。いくらかけてもNTTですよ。プレイガイド初日があまりにも見事な敗北だったので、残りの日程も頑張る気にはなれず…負けを認めました。
    その後京都公演のギリギリになって、浅草との交換を諦めた「チケット譲ります」のツイートが大量発生してたけど、正直それはないなぁと思いました。交換目的で応募申込するのもだけど、もう少し早い段階なら行ける人も多かったのではと思うし。まぁそもそもチケットの譲渡自体私は認めてないのですけどね。

  10. 10/11 ARASHI Anniversary Tour 5×20落選

    昨年の「untitled」に当選してたので、今年は無理かもなぁと諦めていたら本当に外れました。嵐のFCは大体3年に1度くらい当たるのものなので、これが普通です。つくづくアニバーサリーに運のない女だとチケ運のなさを嘆きました。

  11. 12/6 まさかの 5×20制作開放席当選

    そんなある日、突然「制作開放席ご案内メール」が!!東京に住んではや5年目ですが、初めてこんなメール見たし、そもそもこのメールが1部にしか送られていないことも知らなかったー!!元々東京前半初日(7日)を希望していたものの、ちょうど中高のテスト期間最終日らしいという情報があり(=中高生が暇で金曜の応募が多い可能性がある)、日曜にしました。そうすると、見事当選!!!これは嬉しかったー!!!!

  12. 12/9 5×20東京前半3日目

    まず、しょっぱなから号泣。「言葉より大切なもの」の大野くんソロでもう止らない。まさかのこの曲で大宮トロッコ襲来、号泣しながらペンライトを振るやばいヲタクに。昔は感動しすぎて声や動きが全く表に出ない、典型的な地蔵だったのになぁ…いつのまにこんなことになってしまったのか。
    制作開放席については、また別個ブログをかきたいと思っているので、ここらへんにしときます。

  13. 12/13 Endless SHOCK (2019帝劇)当選

そして、年内最後の当落はSHOCKでした〜全ジャニヲタの憧れ〜〜日本1チケットの取れないミュージカル!!!今年は梅ちゃんがリカ役ということで、申し込む日を検討に検討を重ね見事当選しました。これで初めて帝国劇場に入れます。その前に試験という大きな関門がありますが、このために頑張るのだ〜〜!!

 

今年はなんと4つの現場に参戦させてもらいました。

念の為伝えておくと、私は各FCにつき1名義ずつしか持っていません。それでも何とか現場に行くことができています。

チケットの高額転売を規制する法律もできるらしいけど、みんなが規約を守ればそれなりにチケット取れると思わないかい??交換でコンプする現場は楽しいか???

 

みんな清廉なFC会員資格で新年もヲタ活に励もう〜〜〜〜!!!!!!!!!じゃあの〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!